マイネオ(mineo)ならauでもドコモでもそのままスマホが使えます

契約前

もしあなたがauかドコモでスマホを持っていて「スマホ料金を抑えたいから格安シムに替えたい!」と思っているなら、mineo(マイネオ)がおすすめです。

マイネオならスマホを新しいものに買い替えることなく、そのまま格安スマホに乗り換えできますよ!

以下では、そのような方に向けてのアドバイスや一部例外の説明などについて記述していきたいと思います。

まずはお手持ちのスマホが対象かどうかを確認

基本的には「auやドコモでスマホを使っていた人であれば、それをマイネオに移転してからも使用できる」というのが本サービスの売りとなっています。

 

しかし、中には対応していない機種も存在するようです。具体的には「古すぎるスマホには対応していない」みたいですね。

 

2015年以降の機種であれば基本的に問題はないんじゃないかと思いますが、万が一ということもありますので、公式サイトにて確認していただけたらと思います。
マイネオ公式ページはこちら

 

au/ドコモでやるべきこと

自分の機種が対応していることを確認したら、次はau/ドコモからMNP番号と呼ばれる番号を取得します。

これは「また同じ電話番号を使うための許可証みたいなもの」と思ってください。

 

取得する方法は大きく分けて3つです。ここではドコモの場合を例に説明します。

 

  1. ドコモショップに直接行ってやり取りする
  2. 電話でやり取りする(ドコモの携帯電話からは局番なしの「151」(無料))
  3. パソコンで申し込む

 

基本的には上記の3パターンから選ぶことになります。

 

調べながらやれる自信のある人は③がドコモの人と顔を合わせなくて済むので楽じゃないかと思います。

 

しかし私の場合がそうだったのですが「家族割などの親回線になっている場合」だと、最後の最後まで手続きさせられた後で「パソコンでのお申し込みは不可能です」みたいな案内がされる可能性があるので注意してください。

 

無難なのはドコモショップに直接行くか、電話でオペレーターの方と話すかになるでしょう。

 

もし「パソコンで申し込みたいんだけど…」って人がいたら、下のURLから飛べばドコモのページに飛べますので、そこに書かれている説明をご覧ください。

 

https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/change_release/release/cancel_mnp/index.html

 

MNP番号を手に入れたら申し込むだけ

ご自身のスマホがマイネオで使用できることを確認し、MNP番号も手に入れたとなれば、あとは申し込むだけです。

 

選ぶ項目はデータ通信量やオプションパックなど他項目ですが、どんなに選んでもドコモ時代よりも高くなるということはないでしょう。

 

まとめ

格安スマホのサービスの中には「今まで使っていたスマホは使えず、新たに端末を購入してもらわなければならない」というサービスも存在します。

 

あとは「ドコモは対応しているけどeuはちょっと…」というようなサービスも少なくなかったと思います。

 

私はドコモからマイネオに移転しましたが、かつては月々8000円くらい払っていたものの、今は1500円以下になって大変満足しています。

 

マイネオへの移転を検討している方は、ぜひ前向きにご検討ください。
マイネオ公式ページはこちら

 

コメント