マイネオ(mineo)に違約金は無し!!|ただし1年以内のMNP転出は注意!

料金

スマホサービスとなると、非常にややこしい契約内容であることが多いと思いませんか?

 

個人的には「実質無料」という言い回しが非常に嫌いで、こういう言葉の罠を使ってくるサービスに対しては不信感を覚えます。

 

そんな私が使用している格安スマホは「マイネオ(mineo)」です。

マイネオは料金システムも非常に分かりやすいので「難しいことは苦手!」という人にも非常におすすめしたい格安スマホサービスなんですよね。

 

今回はマイネオに違約金は無いのか、契約するうえで注意しておきたい部分について書いていきたいと思います。

マイネオに違約金は無し

タイトルにも書きましたが、マイネオには違約金はありません

年数縛りなどの煩わしい制度もありませんので、安心して使用できると思います。

 

キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の何が嫌かって、月額料金が高いのはもちろんなんですけど、年数縛りが勝手に更新されてるってことなんですよね。

 

私はその負のスパイラルから解放されたくて格安スマホを選択しました。

 

当時は何もわからず、たまたまマイネオを選んだから良かったものの、実は格安スマホにも年数縛りがあるサービス会社は珍しくないので、違約金などから解放されたいという人は注意してください。

 

1年以内のMNP転出は注意

何度も言いますが、マイネオには年数縛りも違約金もありません。

ただし、契約してから1年以内のMNP転出の場合のみ違約金が発生します。

 

最低利用期間はありますか?

ご利用開始月の翌月から12カ月以内に携帯電話番号ポータビリティー(MNP)転出される場合は、MNP転出手数料12,420円(税込)を申し受けております。
また、13カ月目以降は、MNP転出手数料が2,160円(税込)となります。
また、転出先の携帯電話会社の新規契約事務手数料がかかります。

mineoユーザーサポート|よくあるご質問|ご利用中のお客さま サービス変更に関するよくあるご質問|最低利用期間はありますか?
ケイ・オプティコム提供のMVNOサービス「mineo」ユーザーサポートページです。

 

簡単に言うと「マイネオを契約してから1年以内に、同じ番号をそのままに別のサービスに登録し直したい」という場合は、12420円の費用が発生するというものです。

 

ちなみにMNP転出には費用が掛かって当然なのですが「ペナルティ期間でなければ2160円のところが、1年以内の場合だと12420円に増額されてしまう」ということなので、10260円の違約金という見方もできますね。

 

とあるサービスだと「最低でも2年間は継続してもらう約束で、料金の割引を行っている」というものもあります。

 

それらと比べたら「最初の1年だけは引っ越ししないでね」というだけなので、非常に良心的なルールだと思いますよ。

 

まとめ

マイネオに違約金はありませんが、1年以内のMNP転出の際は罰則金のようなものがあります。

これは単純に「最初の1年間だけ縛りがある」と考えてもいいかもしれません。

 

マイネオは他の格安スマホと比べて料金的にも非常に優秀なので、1年以内で解約したくなるような要素は無いように思います。

 

縛りと言っても最初の1年だけで、あとは自由に解約・移行できますし、自動的に年数縛りが再発生するということもないので「煩わしいことが苦手」というユーザーにもおすすめです。
 

マイネオ公式ページはこちら

 

コメント